肩こり・腰痛・自律神経症失調症・骨盤の歪み・美容鍼灸・交通事故の時は登別市からも近い室蘭市のすのさき鍼灸整骨院へ!

妊産婦さんの方へ

室蘭市子育て応援団に登録している当院では産前から産後まで妊産婦さんの皆様のお身体のトラブルと向き合っています。また、日本妊産婦整体協会にも所属し、研修を重ねて安心して住める街創りのお手伝いへをしています。

特に妊娠中の女性の身体は、ホルモンの分泌変動と子宮増大による影響などにより、正常な場合でも非妊娠時には見られなかった様々な症状がみられます。

お悩みは様々であります。

  • つわり
  • 腰痛
  • 便秘
  • 逆子
  • 腱鞘炎
  • 乳腺炎
  • 母乳不足
  • 抜け毛 
  • 踵の痛み など…

医療による介入が特に必要ない生理的に正常と判断された諸症状に対してはマイナートラブルとして扱われ、そのような時自分らの出番であると自負しています!

鍼灸は薬とは違い口から摂取するわけではないので、内臓に負担をかけることをなく治療を受けることを出来るからです!

看護学校の教科書にも“母子の健康と東洋医学”と題し、ツボ療法が記載されていることから、自然治癒力を賦活する鍼灸への期待が高まっていることがわかります。

 

当院の特徴

妊産婦さんを診るに当たっても特別な診方はしません。

外見上の変化はありますが安心して受けてもらえるように心掛けています。

 

 

ここがポイント☆

赤ちゃん、子宮、卵巣などを原因と捉えず、臓器・骨格筋の緊張を原因としています。デリケートな部分を触れることなく、母体環境を整えることで全身状態の向上を目指します。施術後には、身体の不調(肩こり・腰痛)・お腹の張り感が改善され「何か身体が軽い♪」と言われる方が多いのが特徴であります。

 

 

逆子

逆子に効くお灸療法があるように逆子のときに鍼灸と言う選択も一つと思います。

鍼灸治療をするとお腹が柔らかくなり、赤ちゃんが返るのをさらに返しやすくします。そして併せもつ腰痛や肩こりなど一緒に身体を診ていくのでバランスの良い身体つくりをサポートしていきます。

逆子に対する鍼灸治療を始める時期は、逆子が問題視される28週以降からであります。

初診週数が早ければ早いほど治療実績も良いので逆子と判明したらあまり遅くならないうちに鍼灸治療を開始するのをオススメします。

 

つわり

原因は明確になっていませんが旦那さんが優しいとつわりになりやすい説もあります。

症状は人それぞれであります。

吐き気・嘔吐を始め、唾液量の増加、食欲の低下、嗜好の偏り、頭痛、眠気、全身倦怠感…

妊娠5~6週から始まり、12週~16週でだいたいの方が治まりますが後期まで続く方もいます。消化器症状は鍼灸の得意分野であり、過度に反応してしまう内臓を整えていきます。

薬を飲みたくない、体重低下が気になる…

そのようなお悩みの妊産婦の方は、ご連絡ください。

 

  • 0143-43-5635
  • 整動協会
  • 日本妊産婦整体協会
  • 診療案内
    診療案内
  • ネット予約
    ネット予約
  • Line@
    友だち追加
  • 営業日カレンダー
    « 2018年12月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    « 2019年1月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休診日
    • 午前休
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    室蘭市 登別市 伊達市 白老町 苫小牧市
  • ブログ
    スタッフブログ
  • お気に入り