肩こり・腰痛・自律神経症失調症・骨盤の歪み・美容鍼灸・交通事故の時は登別市からも近い室蘭市のすのさき鍼灸整骨院へ!

腰の痛み

腰痛をお持ちの方はこのようなお悩みはありませんか?

  • 黙っていると腰が痛み、立っていた方が楽である
  • 長時間の同じ姿勢(運転やデスクワークなど)で痛む
  • 屈んだり、伸ばしたりすると痛む
  • 中腰姿勢をとると痛む
  • 上の物を取ろうとすると痛む
  • ソファーから立ち上がろうとするときに痛む
  • 朝だけ痛むまたは夜になると痛くなる
  • ズキズキやピリピリ全体的に響き、直立姿勢を保てない

など、腰痛で悩む方を多く診てきました。痛む箇所や痛み方は人それぞれですが私の力で少しでもお力になれることがあったらご相談ください。

当院の腰痛症状ページも併せてご覧ください。

症例12 3週間ほど前に起きた仕事になると出現する腰痛

来院者

60代男性 現場監督業

来院日

平成30年3月

症状と来院理由

3週間前から仕事で立ち姿勢が続くと腰がグキッと言う感覚で痛みが走り、その姿勢を維持するのが難しくなる。来院時も椅子から立ちあがり上体を伸ばしていくときこのような痛みなんですと教えてくれた。

 

ホームページをみて連絡をいただいた。

慢性腰痛 伸ばすと痛い

施術とその後の経過

 

初診日

立位姿勢をとると脊柱起立筋・腰方形筋に過緊張が見られました。また腰部には著名な圧痛があります。

患部と繋がりのあるツボには鍼をし動きやすさを実感してもらいました。

 

立ち上がり動作をスムーズにできるようになったところでこの日の治療は終了しました。

 

二診目(4日後)

『治療後からよく眠れるようになった』

『ここへ来るまでどのようにしたら痛いかを探ってきた。強いて言えば出尻姿勢になると腰やお尻の方に痛みが走る』と言っていました。

 

問題は梨状筋にあると推測し、関連するツボに鍼をして動きの違いを感じてもらいました。治療後問題なく動けそうだと言っていた事からこの日で治療を終了しました。

主に使用したツボ・整体(活法)

足三里R、豊隆R、陰谷R、精霊R、委中R

考察と想い

3週間前の痛みでも当院の行う鍼治療では早期の復帰を見込めます。患部に余計な刺激を入れないためであります。また、その場で変化を体験できるのが特徴と思います。

本件の患者さんはブログにおける“症例ページ”を見てこられました。

治療方法にも理解があり早期に回復し、早期に卒業できたと思います。

治療は患者さんと一体となって取り組むべきと認識しました。

 

症例11 シャッターを開けようとして起こった “ぎっくり腰”

 

来院者

30代男性 土木建築作業者

来院日

平成30年3月

症状と来院理由

2日前に自宅のシャッターを上げようとしたら腰が“ピキッ”と筋張った感じになり歩くことがままならない。座ると立ち上がるのが辛いので、今は立っている方が楽である。腰が伸びないため歩容も崩れ、伝い歩きでようやく歩けるほどだった。

 

来院される1日前に近所の整形外科を受診された。「すべり症」と診断を受けその後注射をし、様子をみるように言われ帰された。

その後状態が変わらないため、インターネットで“ぎっくり腰やすべり症を治療出来るところ”を検索し、当院に連絡をいただいた。

ぎっくり腰

施術とその後の経過

初診日

炎症反応が強く出ていたので炎症に効果のある小指にあるツボに鍼治療をしました。また、腰椎にも強い緊張があったのでそこに対応するツボに鍼治療をしました。

鍼をして変化を確認していくと、鍼をする前より頭の位置は上がってきているもののまだ中腰姿勢のままでありすっきりしない様子でした。

精査すると骨盤と肩甲骨の連携がスムーズに出来なく、中腰姿勢のままでありました。

そこで対応する肩甲骨のツボに鍼をすると歩容が良くなったのでこの日の治療は終りました。

 

二診目(翌日)

少し動きやすくなったのでシャワーに入れた。ゆっくり寝れた。

ただ、歩けるようになったが腰に何だか重たいものが挟まっている。立ったり座ったりする動作が今一番の困難だと言っていました。

 

前日の肩甲骨と骨盤の連動がまだ完全な滑らかさではないため動きに支障が出ていたと思われます。それに大きく広がっていた痛みをカバーしていた腰椎が緊張し側屈し逃避性姿勢を作っていたと思われます。

 

肩甲骨と骨盤の連動をとるツボと逃避性姿勢を作っていた腰椎と関係する手の甲のツボに鍼をしました。すると立ち座りが楽になり本人の表情も緩みました。痛みが半分以下になったのを確認し、この日の治療を終えました。

 

三診目(2日後)

日に日に痛みがなくなり、上向きで寝ると腰が反り痛くなる。それ以外は何も問題ない。仕事へも二診目以降行くことが出来ている。

 

便秘もあることから腹筋群の硬さが起因し、根本的な痛みを引き起こしているものと思われる。腹筋群を緩め大腸の緊張をとるように治療をしました。

治療後は上向きで寝ても床に腰がついている感じで軽い。と言っていたのでこ計3回で治療を終えました。

主に使用したツボ

R.肩貞、R.後谿、R.精霊、R.玉天、R元溜

考察と想い

職業柄、腰に疲れが貯まりやすくシャッターを上げる動作にて腰がついに悲鳴をあげたと思われます。まるでゴムが最大限伸ばされ後切れた感じである。このときゴムを修復するのにはゴムに手を加えるよりもゴムを引っ張っている要因を取り除いた方がそれ以上の悪化も防げるし、早期の回復に繋がります。

私の臨床では常に“張力バランス”がテーマになります。この方向性に確信を持てた症例となりました。

症例10 “ぎっくり腰”2日前に起きた~座る立つのがツライ~

来院者

20代女性 パチンコ接客業

来院日

平成30年2月

症状と来院理由

立つ・座る動作が痛く何をしても痛い。2日前に痛めてから整形外科へ受診し、痛み止めの薬と注射をしたが1日経っても症状が変わらないため来院されました。

 

友人からの紹介とFacebookを見て当院へ連絡をいただきました。

ぎっくり腰

施術とその後の経過

 

炎症反応が強く出ていたので炎症に効果のある小指にあるツボに鍼治療をしました。10分安静にしてもらい再度動きのチェックを行うと“あれ、痛くない…”と患者さんが驚かれています。

立ちあがり動作を評価するときにやや腰が重たいと言っていたので胸椎の緊張部と関連するツボに鍼をしました。すると腰が伸ばせるようになったことからその場で『また、痛くなったら来てください。』と伝え治療を終えました。

主に使用したツボ・整体(活法)

後谿RL、玖路R

考察と想い

ミリ単位のツボだからこそ、短時間・少刺激で劇的に身体が変化した症例。

余計な刺激をしてしまうとか返って身体を悪くすることが考えられます。その中で鍼をして動きを確認し、身体に不必要な緊張を取り除くことで最善の治療を提供できます。

 

『魔法をかけられたようだ。本当にありがとう!』と最後に言われた。

施術者にとって何よりも嬉しい一言であった。

症例9 雪かきで起きた “ぎっくり腰”

来院者

40代男性 会社員

来院日

平成30年2月

症状と来院理由

昨日、職場と家庭の雪かきをして痛めた。雪かき中は動けなくなるほどではなかったが家に帰って過ごしていると痛みが増してきた。何とかして欲しいと言う事で来られた。

 

身体は丸くなっており、ゆっくり恐る恐る歩くように来られ腰を伸ばすことが痛みにより不可能。

 

インターネットを見て来られた。

雪かきとぎっくり腰

施術とその後の経過

 

炎症反応がみられることから小指のツボに鍼をしました。

雪かきにおける腰部の緊張が見られる。また、体幹の伸筋群にも同じく緊張が見られる。

これらに関係するツボに鍼をしました。

ツボに1本鍼をし変化を確認していくことで少数でのツボで身体の連動の回復を促した。

 

治療後はスタスタと歩けるようになったのでこの日で治療は終了しました。

主に使用したツボ・整体(活法)

後谿RL、玉天R、豊隆R、光明R

考察と想い

患者さんの身体の様子を丁寧に観察し、本人と雪かき動作を実演しながら紐解いた症例。このように動きで確認していくとどこの関節が負担かかりどのような動きが原因となっているのかが明確になります。

 

動きを整えることは患者さんの本来の何をしても痛くないと言う体であります。

その目的を失わずこれからも多くの人の手助けをしていきたいと思います。

症例8 更年期も重なった酷く痛む腰

来院者

50代女性 会社員

来院日

平成30年2月

症状と来院理由

常日頃腰痛があり、痛くなっては湿布をし休息を多く挟むようにして耐えてきた。しかし1週間経っても痛みは治まらない。しまいには正常な歩行も難しくなってきたため来院された。

仕事で座っている時間も長く同じ姿勢をとっているのがツライ。じっとしているのが耐えられなくてやっとの思いでホームページ見てこられました。

https://www.harimuroran.com/%E9%81%A9%E5%BF%9C%E7%97%87%E7%8A%B6/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%EF%BC%93%E5%A4%A7%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%97%85/%E8%85%B0%E7%97%9B/

施術とその後の経過

他人より酷く痛みが出ているので数週間かかるかもしれませんとお伝えし治療が始まりました。問診の段階で更年期障害も絡んでいることがわかったからです。

1診目、2診目は腰部の痛みはそのままでした。ただ、患部の痛みがそのままも来院されたのは、冷たかった手足が暖かくなったりこれから体が変わろうとしている変化があったからであります。

 

3診目には、大きく酷く痛んでいた腰部がピンポイントでココ!と示せるようになり痛むエリアが少なくなってきていました。3診目に上向きで寝れるようになりました。

(ここまで2日間隔)

 

4診目には主訴が腰の重だるさに変化しています。同時に上半身は玉のような汗をかき、下半身は冷えると言った更年期障害特有症状が出現します。

腹診などから婦人科に作用するツボなどを選び治療をしていきます。(4日間隔)

 

途中、自己流の腹筋などで腰を痛めることなどありましたが7診目には症状が消失していたので治療を終了しました。

主に使用したツボ・整体(活法)

後谿RL、陰谷R、豊隆R、足三里R、三陰交RL、曲泉RL

 

身柱・大椎に知熱灸

考察と想い

更年期障害と重なって症状が重く出ていると思われる腰痛。

痛み方の違いや身体の状態で判断しました。患者さんも他の人の腰痛と違うと納得してくれて通院してくれたと思います。

 

腰痛でも“このあたりがぼんやり痛い”が“ココが痛い”…

突き刺さるような痛みが重だるいになった…

など1つ1つ丁寧に情報を整理して患者さんに伝え、予後を伝える大切さを学びました。

症例7 仕事中に起きた“ぎっくり腰” 中腰姿勢で下の物をとろうと捻じってしまった

来院者

50代男性 保守作業者

来院日

平成30年2月

症状と来院理由

前日の仕事中に下の物を取ろうとして腰を深く捻じるとそのまま痛みが走り身体を起こすことが出来なくなった。そのまま何とか仕事を続けて翌日の来院となった。

 

来院すると特に前屈時に腰部~臀部にかけて刺さるような痛みが走る。

やはり下の物を取るなど前屈姿勢をとると腰部が緊張し動きを痛みと言うサイレンでブレーキしているように見えました。

 

口コミを見て当院へ連絡をいただきました。

ぎっくり腰 仕事中

施術とその後の経過

 

初診日

炎症反応が強く出ていたので炎症に効果のある小指にあるツボに鍼治療をしました。また、腰椎にも強い緊張があったのでそこに対応するツボに鍼治療をしました。

鍼をして変化を確認していくと、前屈は出来るようになりお尻の痛みが残りました。

 

ここに関連するツボに鍼治療をし、動きやすさを実感してもらいこの日の治療は終わりました。

 

二診目(3日後)

治療後時間が経つにつれえて痛みが減ってきたようです。

来院時はやや臀部の重だるさが残る程度であり、下の物を拾えるようになっていました。

一診目と同じように治療を行いました。

 

治療後は腰を動かしても全く痛くないし、何をしても痛くないと言っていたのでこの日で治療を終了しました。

主に使用したツボ・整体(活法)

R.光明、R.後谿、R.足三里、R.豊隆、R精霊

考察と想い

仕事柄狭い所での作業が腰に負担をかけ続け、悲鳴をあげたと思われる。

腰部の発痛点に連動する緊張点は脚にありました。足に鍼をすることで腰部の緊張が解けて負担を覆っていた臀部にピンポイントに痛みが残りました。ここも連動する足のツボに鍼をすることで早期回復へ繋げることが出来た。

発痛点と原因点は違うことを理解し、確信をもてた症例。

症例6 仕事始めの日になった “ぎっくり腰”

来院者

40代男性 会社員

来院日

平成30年1月

症状と来院理由

仕事始めの1月3日起床するとぎっくり腰に襲われる。翌日になっても症状は変わらないことから来院されました。

寝起きはもちろん、立ったり座ったりするのもキツイ。

問診表の記載は座った状態で出来なく、立った状態でバインダーに挟んだ問診表を書けるところだけ書いてもらった。

早期に治したいと想いインターネットで調べ片道1時間以上かけて隣町よりお越しいただいた。

朝のぎっくり腰 

施術とその後の経過

 

側臥位になると案外出来ることに気付いた。脊骨の緊張から指にあるツボに鍼をしました。また、腰部の緊張を起こしている部分とつながりのある足のツボに刺激を加えます。

すると立ち上がり時の最終動作である背中を伸ばす動作のみ痛みが残った。

対応するツボに鍼治療をして動きの確認をして、この日の治療を終えた。

尚、職業柄腰が痛みやすいのでメンテナンス目的で通院が続いています。(月1程度)

主に使用したツボ・整体(活法)

後谿RL、玉人R、豊隆R

考察と想い

治療中の会話から本件は正月にダラダラと過ごしてしまい、いきなり動こうとした筋肉が伸ばされ悲鳴を上げたものと思われるます。食べる⇒寝る…を繰り返していると筋肉も張力を失い、急にエンジンがかかると“ちょっと待ってよ!”とブレーキをかけます。

 

これこそが筋肉の不活性化により起こったぎっくり腰であります。

休みの日もストレッチをしたり軽い運動をしたり刺激は必要であります。

症例5 仕事中になった “ぎっくり腰” ~いつもは数日寝たきりになります~

来院者

20代男性 現場監督業(建築業)

来院日

平成29年12月

症状と来院理由

来院日の前日に仕事中に下のものを取ろうとするとするとぎっくり腰になった。発症したのが夜だったためそれから安静にして、朝に連絡があった。

腰が伸びない状態で、くの字になり当院へこられた。

 

室蘭市へは出張で来ておりすぐに治療をしてくれるところを口コミサイトで探した。

「ぎっくり腰には数年に1回程度なるが数日寝たきりになるのが当たり前と思っている」が今回ばかりはそのような時間もないと言っていた。

ぎっくり腰が出張中に起きる

施術とその後の経過

 

初診日

炎症反応が強く出ていたので炎症に効果のある小指のツボに鍼治療をしました。また、腰椎にも強い緊張があったのでそこに対応するツボに鍼治療をしました。

腰部に広く出ていた痛みも小さくなったところでこの日の治療は終了しました。

歩容は頭が少し上がり背筋が伸びた印象です。ただ痛みの感覚が残っているためか恐る恐る歩いていました。

「徐々に身体が慣れてきますよ。」と言葉をかけ2日後の予約をとってもらい経過をみさせていただくことにしました。

 

二診日

昨日、今日とだいぶ良い。「また痛くなるのが怖くて一応のコルセットはしてきた」と言っていました。

前回の同じような治療をし、大腿四頭筋の筋力低下もみられたので併せて治療を行いました。帰りにコルセットを忘れるくらいスタスタと歩いていたので

“また痛くなったら来てください”と伝えてこの日で治療を終えました。

主に使用したツボ・整体(活法)

後谿RL、玉人R、豊隆R、T11(1・5)R

考察と想い

“ぎっくり腰になると寝たきりになるのが当たり前”と思ってた患者さんの概念が覆るような症例となりました。職業柄傷めやすい環境、寒い日が続いた、慣れない生活環境など様々な要因が考えられます。

 

早期の痛み解消が求められる現代人にとって鍼灸は有効な手段と思いました。

症例 4  仕事中に感じた腰の違和感 “何をしても痛い…”

来院者

40代 女性 会社員

来院日

平成29年9月

症状と来院理由

来院日の前日から仕事中に腰の重たさを感じるようになった。最初は“いつもの腰の違和感”と思い、座り直したりストレッチをしたが一向に良くならない。本人は身体の歪みが原因ではないかと気にされてきました。

 

職場が当院と近くであるため、仕事後にインターネットで調べ来院された。

何をしても痛い腰 腰痛

施術とその後の経過

初診目

問診票の記述事項より週始めのゴルフが発痛要因となっているのではないかと推測した。また、立位姿勢の右重心の偏りが顕著に出ていたので整える足のツボに鍼をしました。

腰椎の回旋可動域にも制限が見られたので併せて治療をしました。

 

二診目

ゴルフをした3日後に来院された。問題なくプレーできた。

デスクワークが多いためか腰にちょっとした違和感と肩こりがある。

 

腹部の緊張を解くことでいづれも解消された。

 

仕事柄腰痛や肩こりを伴いやすいことを伝え姿勢指導をして治療を終えました。

主に使用したツボ

飛揚L,玉陽L、後谿L、上巨虚RL、豊隆L

考察と想い

日頃楽しむ趣味が起因となった腰痛であります。問診票では一見関係なさそうな事柄が痛みの原因となっていることが多いので情報を共有していきたい。

ある程度推測できれば、必ず原因点は見つかりその部は過緊張を起こしていることが多い。

疼痛部位に捉われず全身観察を行う事で身体の元の状態へ取り戻した症例となりました。

症例 3  1カ月前に転んでから続く左腰の痛さ・重だるさ

来院者

40代女性 主婦

来院日

平成29年7月

症状と来院理由

家庭内で1カ月前に転んで尻もちを着いた。以降、腰部に鈍痛があったが何とか生活できていた。しかし、今朝になって痛みが広範囲に及び生活に支障をきたしたことから連絡をいただいた。

症状として下にある物を取りづらく、移動する・立ち上がるなど生活動作全般が緩慢になってしまった。

 

野球をやっている息子さんが当院に通院しているため連絡をいただいた。

腰の重ださ・腰痛

施術とその後の経過

初診日

炎症反応が強く出ていたので炎症に効果のある小指にあるツボに鍼治療をしました。また、腰椎にも強い緊張があったのでそこに対応するツボに鍼治療をしました。

鍼をして変化を確認していくと、ベッド上に座り真横に移動する動作に痛みがあることがわかった。腰椎の横の動きに対応する手の甲のツボを使用しました。

 

前屈動作が最初の痛みが10とするのならば4になっていた。

ここでこの日の治療を終了した。

二診目(10日後)

息子さんの遠征と当院の都合で10日間が空いてしまった。

 

腰部は前屈の動きは全く痛みを感じなくなり反ると鈍い痛みを感じていた。

付き添い時の疲れや今までの痛みをカバーしていたためと思われる。

 

患部の緊張点と連動するツボに鍼をすることで動きが改善され本人も満足していたことから治療を終了しました。

主に使用したツボ・整体(活法)

後谿L、精霊L、玉人L、豊隆RL

考察と想い

専門家に頼らなくても生活はなんとか出来ますと言う人は多いと思います。

ただ、蓄積されたものはなかなか抜けず大きな痛みを感じるときには生活に支障が出てきます。本件は1か月前から続く痛みをその場で変化を起こし、1本1本の鍼の効果を実践出来た症例であります。

少ない治療回数で大きな変化を出せたのは、鍼数を少なくすることで身体への負担を最小限にして脳への混乱を防いだためと思われる。

腰部の痛みを脚のツボを使うことで緊張点と原因点との連動を回復させました。

ずっと痛いと言う日常の当たり前を痛くない自然体を実感してもらえることで快適さを取り戻し本来の自分へ導くことが出来ます。

症例 2 ヘルニアと診断・左脚の痺れと腰痛

来院者

30代男性 会社員

来院日

平成30年2月

症状と来院理由

数日前より腰痛と同時に左足に痺れを感じた。すぐに整形外科に行きレントゲンをとってもらい“腰椎椎間板ヘルニア”の診断を受けた。湿布と薬で様子をみるように言われたが治るばかりか余計に痛くなってきたのでホームページから相談をいただいた。

 

腰部の特にわき腹~腰骨にかけて痛み、患部をかばうようにして歩いてこられた。

痺れは左足全体にみられる。

腰椎椎間板ヘルニア

施術とその後の経過

初診日

腰部の緊張が激しく全体的に張っていた。

側腹部に関連する足のツボに鍼をしました。また、炎症を抑える手のツボに鍼をしました。

二診目(翌日)

大きな変化はない。お風呂に入り、その後さらに悪くなったようだ。

初回と同じツボに加え、腰部と関連する足のツボに刺激をした。

三診目(5日後)

前回終わってから腰部の痛みが嘘のように消え、今はふくらはぎの痛みが残っている。

頭頸部に緊張がみられたため緩める鍼を行った。側臥位での治療中、痛みの範囲が変わり大腿部の側面が痛くなってきた。腰部の緊張から来ていると思われる。

腰部の緊張点に鍼をしました。痺れは変わりない。

 

四診目~七診目(5日~7日間隔)

痛みの程度が軽減され、痺れをメインで治療を行いました。

疲れが出ると大腿側面に痺れが出てくる。腰部と臀部の硬さを取ることを目的に治療をしました。治療後は痺れが軽減され、仕事中に痺れが来ると言うのを繰り返していたが6診目から歩容も良くなり、本人も痺れる程度が小さくなってきたと言っていた。(腓骨頭~外果)

 

七診目のときに“疲れて来たら少し気になる程度”になったと言っていたのでここで治療を終了しました。

主に使用したツボ・整体(活法)

後谿L、足臨泣L、玉人L、豊隆RL、L4(1)L、上天柱L、精霊L、L1(1,5)L

考察と想い

痺れは筋肉コンディションが整わないと治らないことを伝えました。それは筋肉が神経を圧迫するからであります。このように初診時に伝えることで自分が治っていく道が見えたことが通院していただいた理由と思われます。

 

しびれや痛みは患った自分にしかわからないトラブルであります。これを共有することで信頼が生まれ寄り添う医療を実現できました。

症例 1 サッカー出来ない程痛い、腰から足の痛み

来院者

10代男性 サッカー所属

来院日

平成29年8月

症状と来院理由

来院する2日前のサッカーの試合中に相手との接触プレーで腰~大腿部後面を痛めた。その後プレーを続けたが試合後家に帰るとさらに痛くなってきた。

1日様子をみても治る気配がなく、試合(大会)も近いことから心配になりお父様がインターネットで調べ当院へこられた。

 

歩くのは問題なかったが走ることが出来ない。日常生活では立ったり座ったりすると痛みが出現する。

腰痛とハムスターの痛み

施術とその後の経過

初診日

大腿後面部の硬さが原因となっている腰痛である。

患側の片足立ちでは痛みが出る。

そこで大腿部後面と繋がりの強い肩甲骨にあるツボに鍼をすると症状は消失した。

 

腰部の緊張をみると胸腰椎部に張った感じが見られた。この部と関連ある脛のツボで仕上げた。

 

二診目(14日後)

遠征が重なりこの日になった。サッカーを以前のように楽しむ事が出来ている。

この日は日頃の疲れが貯まっているのか大きな筋肉郡に強い緊張が見られた。

身体の疲労を抜くように大筋群を緩め治療を終えた。

主に使用したツボ・整体(活法)

ふくら(2)L、豊隆L、後谿L、

考察と想い

サッカーが出来ない程の痛みをたった1回の治療で変化を出すことが出来た。これは痛みを原因と捉えず、なぜ痛めたのかを考えたからである。大腿部後面の硬さは腰部に波及し、日常生活以上の動作に支障をきたしていた。

 

この硬さは肩甲骨の動きと関連しており、鍼をすると見事に緊張の糸が解けた。

原因点と発痛点の違いを把握し早期復帰に繋げた症例となりました。

  • 0143-43-5635
  • 整動協会
  • 日本妊産婦整体協会
  • 診療案内
    診療案内
  • Line@
    友だち追加
  • 営業日カレンダー
    « 2018年9月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休診日
    • 午前休
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    室蘭市 登別市 伊達市 白老町 苫小牧市
  • ブログ
    スタッフブログ
  • お気に入り