肩こり・腰痛・自律神経症失調症・骨盤の歪み・美容鍼灸・交通事故の時は登別市からも近い室蘭市のすのさき鍼灸整骨院へ!

ストレートネック

ストレートネックについて

人間の頭は、体重の約10%もの重さがあるとされています。立っていると頸はこの重量を支え続けています。

ストレートネックは、緩やかに曲がっているはずの頸椎のカーブが消失して真っすぐな状態になってしまった状態のことを言います。整形外科で診断を受けた方も多いと思います。ほとんどの国民がこのストレートネックと呼ばれています。

 

そもそも、人間の脊椎はS字状にカーブしています。このカーブは、体に掛かる過重負担や衝撃を分散させる重要な役割を担っています。頸椎の緩やかなカーブは、脊椎S字カーブの起点にあたり、上からかかってくる重みを効果的に緩和させてくれます。

 

 

ところが、その頸椎にカーブがなくなってしまったらどうなるでしょうか?

 

 

当然、体重の10%もある頭の重みがまともに掛かってきます。頸椎を支えている首や肩の筋肉にも絶えず大きな負担がかかることになり、累積疲労からこりや張りなどが生じやすくなるでしょう。また、過剰負担になり骨が絶える力も衰えて、頸椎や椎間板にも異常が現れやすくなります。つまり、ストレートネックは首や肩の病気の入口のようなものです。

ストレートネックの要因は何でしょうか?

一番は、悪い姿勢であります。猫背等により、いつも頭を突き出していると頸に負担がかかりその日々が積み重なりストレートに頸がなっていきます。いつも手前作業が続いている主婦やOLが肩こりや首こりを訴えるのには訳があります。

料理を作る・洗濯物を畳む作業、パソコン・スマホと睨めっこなどなど…

いつも頭を前に突き出していませんか?

このとき、頸は頭を支えるためにずっと重さに耐え続けているのです。

こうした状態を長く続け、頸を酷使し続けると老若男女問わず、誰もが首を痛めてしまうのです。

ストレートネックを放置すると…

腕や手に痺れの出る“頸肩腕症候群”、頭痛やめま、耳鳴り、吐き気などの症状を伴います。くしゃみをすると電流が走るように痛む“頸椎ヘルニア”もありえます。

頸椎ヘルニアが悪化すると頚髄症へと移行します。

これは、しびれや麻痺、痛みが足まで及び場合によっては歩行や排尿トラブルと言った日常生活レベルまで行動の制限がかかるものもあります。

  • 0143-43-5635
  • 整動協会
  • 日本妊産婦整体協会
  • 診療案内
    診療案内
  • Line@
    友だち追加
  • 営業日カレンダー
    « 2018年9月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休診日
    • 午前休
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    室蘭市 登別市 伊達市 白老町 苫小牧市
  • ブログ
    スタッフブログ
  • お気に入り